こんにちは、奥松島の牡蠣オンラインショップです!


今日はちょっと肌寒いけど天気も良くて気持ちいい日和です(*'▽')
私は休日によく散歩したりするのですが、季節によっていろいろな見え方が楽しめるのがすごく好きなんです。
星空に輝く星座も、夏と冬で位置が変わってたり見てて飽きないんですよね…

今日は私たちが牡蠣を育てている奥松島の海の事を話そうかなと思います!

 


ここ宮城の奥松島の海と言えば嵯峨渓がピンと来るんじゃないでしょうか。天気の良い日には自然の生み出した迫力ある景観が楽しめる観光スポットです(^o^)/
更に宮戸島から日本三景松島を見渡せる大高森もオススメポイント!展望台から見る景色は開放感があって素敵ですよ〜!

とまあ、景観もさることながらプランクトンなどの栄養が豊富で牡蠣がとても育ちやすいところでもあります。この奥松島の海の中で牡蠣は立派に育っていくんですね…(∩´∀`)∩ワーイ!



奥松島の海で作り上げるここだけの味、是非とも堪能してくださいね!!
 

こんにちは、奥松島の牡蠣オンラインショップです!
12月に入りましたね!!今年もあと一ヶ月となり、年末の大掃除や忘年会、年明けの準備などバタバタすることが多い月…私も気持ちよく来年を迎えられるように今から準備しなきゃなあ(~_~)

 


さてさて、忘年会や新年会などでお酒を飲む機会が増える時期に、是非オススメしたいのが牡蠣!!いやもう前も聞いたような…と思う方もいらっしゃると思いますが><
何故かというと牡蠣に含まれている栄養が、身体を元気にするものばかりだから。
なかでも牡蠣に含まれるタウリンにはお酒を飲んで次の日に気持ちが悪い、頭痛がするといった二日酔いの状態を予防してくれる効果があります。アルコールを分解しようと頑張る肝臓の働きを牡蠣が助けてくれるわけですね!!
そこで牡蠣鍋!!色んな味で楽しめる上に身体も温まり、二日酔いの予防にもなるなんてありがたい事づくめです(*´ω`*)
牡蠣でなくても、お茶をこまめに飲む、食べ物なら枝豆、鶏肉、豆腐、シジミなどがお酒の酔いに効果がありますよ〜!!


 

せっかくの場だし、食べすぎたり飲みすぎたりする事があるかもしれません。
そんな時こそ内臓も労わることを忘れず、次の日の目覚めをすっきりさせましょう!!

こんにちは、奥松島の牡蠣オンラインショップです!

お昼近くになると途端にお腹の虫が鳴り出します、お昼は牡蠣を焼いて食べようかな…のりドレッシングかけると美味しくて食べすぎちゃうし('ω')

 


のりドレッシングはのり工房 矢本で販売されている東松島市特産の海苔を使ったドレッシング!奥松島水産のホームページでも牡蠣とセットで販売しております!!
ポン酢風味のさっぱりとした味わいでかけるだけで料理をワンランク豊かにしてくれます。
個人的には熱々の牡蠣にのりドレをかけて、それを一口でほおばった時の何とも言えない贅沢さと口の中に一気に広がる牡蠣とのりドレのハーモニーがたまらないですね!でも生でいただいた時の濃厚な味わいも捨てがたい…
あと刺身にかけたり、料理のエッセンスとして加えるのも良いですね!オススメです(`・ω・´)


 

皆様それぞれにこの時期ならではの牡蠣を楽しんでみてくださいね!!
よし、では私は早めのお昼に行ってきます〜\(^o^)/

こんにちは、奥松島の牡蠣オンラインショップです!
そういえば前回の記事でオイスターの由来は…という事をお話して、外国の牡蠣って日本の牡蠣と違うのかな?と更に気になりだしてしまいました(笑)

 


ヨーロッパでは主にフランスを中心に展開され、生食で食べられていたようです。
丸い形のブロンと呼ばれる牡蠣、フランスの在来種のこちらは歯ごたえがあるのが特徴です!
衛生管理も徹底されて昔から親しまれ…実は1970年前後に絶滅の危機にあった時には、真牡蠣の宮城種を導入し再び市場に牡蠣が出回るようになりました。良かった…( ;∀;)
日本から導入されたこちらはクルーズと呼ばれ、フランスの海で育った一味違う風味が楽しめます!


 

種は一緒でも育った環境によって牡蠣はその海の栄養を沢山蓄え、その海ならではの味になるんですね(*^-^*)
私もいつか生で外国の牡蠣を味わってみたいなぁ〜…
 


こんにちは、奥松島の牡蠣オンラインショップです!
私は現在牡蠣の注文が増えてきている事に嬉しい悲鳴を上げながら出荷作業にあたっています(*´▽`*)ヤッター!
本当にありがとうございます!奥松島水産が手塩にかけて育てた濃厚な牡蠣、存分に堪能してくださいね〜!

 

さて、私は以前「牡蠣」の漢字の由来をご紹介したわけなんですが…
牡蠣…オイスター……オイスターの由来は何だろう?と気になりだしてしまったわけで(笑)
オイスターと呼ばれているのにはどんな理由があるのでしょうか?

 


どうやら語源はギリシャ語の「Oston(オスト)」だそうです、牡蠣の殻が骨のように硬いからその呼び名がついたんですね…!
牡蠣の漢字の由来と似ていますね(`・ω・´)
ちなみに古代ギリシャでは、牡蠣を食べるだけでなく、殻を投票用紙として使用していたそうです!!


 

いかがでしたか?
これでまた一つ牡蠣知識の経験値が増えて、レベルアップ!!
これからも皆様に良い情報をお届けできるように頑張ります!
 

こんにちは、奥松島の牡蠣オンラインショップです!

牡蠣は美味しいなぁと焼いたり蒸したりして満腹になっていると、ふと牡蠣の殻が山積みに… そのまま捨ててしまう方もいるのではないでしょうか?しかし待ってください、牡蠣の殻にもまだ価値はあるのです!('ω')ノ

 


牡蠣の殻の活用法

・肥料になる

まず外で雨にさらすなどして牡蠣殻の塩分を抜きます。その後金槌で殻を砕き、肥料として使うだけです。 牡蠣殻に含まれるカルシウムが植物の病気を防ぎ、強くしてくれるという嬉しい効果が期待できますよ!

 

・水を浄化してくれる

牡蠣の殻には水中の浮遊物質やプランクトンを取り込み、水を濾過してくれる機能があります。 水を綺麗にしてくれるなんて、牡蠣…すごい奴(*´▽`*)

 

・漢方として体を健康にしてくれる

なんと漢方として体にもいい効果をもたらしてくれます! 生薬として使用されるのはイタボガキ科と呼ばれる左殻の牡蠣のみですが、主に虚弱体質や疲れやすい時に力を発揮してくれるでしょう。


 

こうしてみるとただ捨ててしまうだけだともったいないなあって思ってしまいますね(+_+) 私も牡蠣の殻を何か役立つ事に活用してみようと思います!!

こんにちは、奥松島の牡蠣オンラインショップです! いや〜、本当に寒い日が続く…空気が澄んでいて気持ちいいんですけどね(;^ω^) 今回はこの時期旬の牡蠣と同じく、今の時期に美味しい魚貝類のピックアップです!

 


冬が旬の代表的な魚はアナゴ、たこ、なまこ、ハマグリ、まぐろ、カレイ、ヒラメ、ブリなどがあります。 どれも様々な栄養が豊富に含まれているので、この時期ならではの料理などで積極的に取り入れていきたいですね(^_^)


 

一年中味わえるものでも旬の時期を知って味わうとまた味わい深いですよ〜! 春夏秋冬、日本ならではの季節の移ろいと共に旬を楽しみましょう!

こんにちは、奥松島の牡蠣オンラインショップです! ブログを書くのって少し緊張しますよね、私だけでしょうか…

これまでずっと牡蠣牡蠣言い続けてきた私ですが、皆様、「牡蠣」の由来はご存知でしょうか? 牡蠣の蠣って画数多くて書きづらいですよね!牡は簡単なのに( ;∀;)

と、話がそれてしまいました!それでは改めて…!

 


牡蠣という感じには「牡」の漢字が使われています。 実は牡蠣は雌雄同体の生き物で、雄になったり雌になったり、どちらでもない時があるんです!驚き! 繁殖期には雌雄に分かれて生殖を行い、繁殖期が過ぎると、中性になる特徴を持っているのです。 その為牡蠣の性別の判断が難しく、当時は雄しかいないと思われていたため「牡」という字があてられたと言われています。 興味のある方は是非調べてみてくださいね。

これぞ牡蠣の雑学! ちなみに「蠣」は「かき」を表す漢字で、牡蠣の貝殻が硬いのでこの漢字になったと言われています( ..)φメモメモ


 

状況によって性別が変わる牡蠣。 まさに牡蠣の神秘ですね〜!

こんにちは、奥松島の牡蠣オンラインショップです!

冬と言えば鍋!私はシンプルに素材の味を楽しみたい派です(*^-^*)でも色々あって迷っちゃいますよね〜!

 


ホームページをご覧の方はご存知かと思いますが、12月1日〜24日、来年の1月6日〜3月11日の金・土・日・祝日に松島の絶景を楽しみながら牡蠣鍋を楽しめる「かき鍋クルーズ」が行われます!

こちら仙台味噌仕立ての土手鍋に、当社の牡蠣をたっぷり使用した冬にピッタリな鍋になっています!ご飯はササニシキと至れり尽くせりなのが嬉しいポイント。ついつい食べすぎてしまうかも… 他にも牡蠣フライやフルーツなどもご用意しています!


 

インターネットからのご予約で料金がお得になりますので、気になった方は是非ホームページのバナーから覗いてみてくださいね! かき鍋クルーズで心も体も温まりましょう!(*'ω'*)

こんにちは、奥松島の牡蠣オンラインショップです!

牡蠣をずっと見ていると一つ一つ個性があって可愛いな〜なんてのほほんと考えてしまうことがあります…(笑)

 

新鮮さと濃厚さ、牡蠣なら何処よりも自信がある当社、奥松島水産の牡蠣なんですが、なんとメニューとして楽しめる場所があるんです!

それが仙台にあるオイスターバー、Ostra de ole(オストラデオーレ)!! 生牡蠣はもちろん、焼き牡蠣、蒸し牡蠣、ここでしか味わえない料理も数多くありますよ(*´ω`*)牡蠣パラダイス〜!

他にも宮城県で獲れた新鮮な海の幸も提供されているので気になる方は行ってみてはいかがでしょうか…!

 


Ostra de ole(オストラデオーレ)

所在地:〒980-0803 宮城県仙台市青葉区 国分町2丁目1−3 エーラクフレンディアビル 1F

営業時間:17:00〜1:00 TEL:050-5787-6281